友禅振り袖なら「夢工芸 染の新井」

友禅・振袖について

トップページ振袖>振袖について

振り袖とは

振袖(ふりそで)は、未婚の女性の装いです。既婚女性の「留袖(とめそで)」と同格の第一礼装とされています。袖が長く「振れる」ことからそう呼ばれるようになりました。

振る・ふられる?

振袖は未婚女性の愛情表現にも使われたと言います。たもと(袖)を左右に振ると「好き」を表し、前後では「嫌い」を表したといいます。いわゆる男女のあいだの「振る、ふられる」は、振袖が語源と言われています。ちなみに結婚すると、こうした意思表示が不用となることから、振袖から袖の短い留袖にかえるとされています。

江戸褄と留袖

ところで「留袖」と聞いて、結婚式の仲人さんや新郎新婦のご母堂が着用する「黒」をイメージする方も多いのではないでしょうか。本来、着物のベースカラーが黒の留袖を「黒留袖」、カラフルなものが「色留袖」です。現代では色留袖を「訪問着」と呼ぶことが多く、混乱を避けるためにこのページでは以降、すべて「訪問着」で統一します。
黒留袖も色留袖も同じ第一礼装ですが、黒の方が少し格が高いとされています。古くは「江戸褄」という呼び方もあり、遊女の派手な着物柄に対して、「江戸」、すなわち武士の奥方の落ち着いた柄から転じて、格式ある黒留袖の代名詞となったといわれています。

振袖はいつ着るの?

振袖の話しに戻ります。もっとも振袖を着る場として知られているのは「成人式」でしょう。次は「結婚式」でしょうか。大切な方のお宅を訪ねるときや、その反対にお出迎えするばあい、また華やかに場を盛り上げる礼装としてお祝いの席でも喜ばれます。

振袖の選び方

成人式のためだけの振袖は「一度きり」ですが、既に述べたように振袖は意外と多く着る機会があります。また、日本社会では洋装より和装が「格上」とされており、あなたの「品格」を代弁するといっても過言ではないでしょう。最近では外国産の生地による着物も増えてきましたが、かならず国産の着物と比較してからお決めください。特に「友禅」では、大きな違いが生まれることもあります。買ってから後悔する前に「本物の友禅」をご覧いただくことをオススメしております。

当店の振袖について

当店「夢工芸 染の新井」では友禅作家 小守脩先生の肉筆による「恋瀬友禅」をご用意しております。流麗美麗でありながら、たおやかな表情が心を豊かにする友禅は、いちまい一枚の手描きにより得ることのできる宝です。もちろん、世界にひとつだけの一点もの。ぜひ、いちど手に取りご覧ください。

振袖の特徴

当店の友禅振袖をお求めいただくと、同じ生地から作った「訪問着」をセットでお渡ししております。

ご婚礼を経ても、お若い方の場合、黒留袖が似合わないことも少なくありません。そんなときに、華やかな振袖を袖の短い訪問着に替えるのです。

一般的に振袖を袖の短い訪問着にする場合、袖を「切る」のですが、切った袖を伸ばすことはできません。しかし、袖を替えるだけなら、また振袖に戻すことができます。こうすることで「母娘二代」、あるいは「三代」と、家族の歴史として受け継ぐことができます。

この工夫は、せっかく用意した着物を、末永く楽しんで欲しい、愛して欲しいという「夢工芸 染の新井」からのメッセージです。

振袖のこと、着物について、お気軽にご相談ください。
お電話のさいは「ホームページを見た」とお伝えください。
お問い合わせ電話番号:03-3854-2777 どうぞ、お気軽にお問い合わせください。


夢工芸 染めの新井 ギャラリーもご覧ください
下の写真をクリックするとご覧いただけます