友禅とは日本の伝統的染色法。友禅について

友禅とは日本の伝統的染色法です

『夢工芸 染の新井』トップページ > 友禅とは

友禅(ゆうぜん)とは、日本の最も代表的な染色法で、友禅の名称は江戸時代の初期、京都の扇絵師・宮崎友禅斎が考案した技法から名づけられたと言われます。

布の一面に世界の染色の中でも類を見ないほどの多くの色数を使用し、「友禅模様」と呼ばれる曲線的で動植物、器物、風景などの文様を描き出すのが特徴です。

本物の友禅は、手描きのため、完成までに数多くの工程を有します。また、一流の友禅作家によって命を吹き込まれた本物の友禅は、究極の着物としての美しさを持ち合わせ、着る方の美しさも最大限に引き出してくれます。

日本の伝統的染色法・友禅とは 画像1 ※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

日本には着物は母から娘へと財産として引き継がれて行くという素晴らしい伝統的文化もあり、本物の友禅は代々引き継がれる最高の財産となります。

本来は手書きで行われる(特に糸目糊と言われるモチ米の粉を煮って作った糊)を使った染色技法を友禅と呼びますが、現在では型染めや友禅を模した模様をプリントしたものも、友禅と言う名称で販売されていることも少なくありません。

『夢工芸 染の新井』で取り扱う友禅は、一流の友禅作家:小守 脩が真心を込めて製作する本物の友禅。
是非一度、ご来店いただき、格調高い本物の友禅はの美しさをご覧ください。

日本の伝統的染色法・友禅とは 画像2 ※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。


まずはお電話!「ホームページを見た!」とお声かけください。 03-3854-2777